東日本大震災 Vol.1

【備忘録】

2011.3.11(金) 14;46 宮城県沖を震源とする、マグニチュード9.0 の地震および、津波が発生。

私は家でPCを打っていたが、和室の襖と壁の飾り物がカシャカシャを揺れて音を立て、りんちゃんとこーちゃんも起きて来て、何事?という感じで不安そう。

ここは新しいマンションなので揺れは少ないが、オヤジの職場は横浜駅至近の古いビルなので、もしかしたら崩れているかも・・・ 直後にケータイは呼んでいたが、オヤジが出ることはなかった。 (あとで聞けば、職場の入っているビルの揺れは、やはり相当なもので、一応その後指定避難所まで行ったりして大変だったらしい。)


画像



落ち着け、落ち着け・・・ あれっ?TVが点かない! ・・・そういえば、さっき外で何か所か煙が上がっていたのは、電線が切れたのか!?

ちょっと動悸がするけど、落ち着いて・・・ 確認、確認・・・ 玄関外に出ると、よその若い奥さま方も子供を抱いて数人出ていた。

電気、点きませんよね? と二言三言会話して中に戻り、ラジオを点けたのは15時10分ごろ・・・ すでに恐ろしい状況が緊張感のある声とともに流されていた。

オヤジの実家は岩手県釜石市の海近く・・・ 電話はすでに通じない・・・ きっと大変なことになっている・・・ 

だんだん日が暮れ、電気は復旧しそうにないので、いろいろな非常用の物品を出して夜に備え・・・ ラジオに聞き入るしかなかった。


画像



しかし、ラジオからの垂れ流し&繰り返しの情報に、逆にふと不安になってきた。 いつ、電気は戻るのだろう・・・ 津波で相当な被害が予想されているらしいが、どれほど大変な状況なのか・・・ 視覚からの情報が入らないということは、こんなにも不安になるものなのだと初めて実感した。

いよいよ日も落ちて部屋は真っ暗になり、非常用の明かりの中にひとりでラジオに聞き入っていると、オヤジが2時間以上かかったと言いながら、歩いて帰ってきた。

水は出ないが、非常用に備えてあるペットボトルがある。 ガスが使えたので、備品の中からパスタソースのレトルトを取り出し、スパゲッティを茹でて2人で食べた。

オヤジは流石に2時間以上も歩いて疲れていたが、私はTVを見たいのと外の様子が知りたくて、自転車で川崎まで行くことにした。 出てみてビックリ・・・ 信号も消えたままで薄暗く、国道は上りも下りも車で大渋滞し、両脇の歩道を黙々と歩く大勢の人がいた・・・ これはこれで、スゴイ光景だ。 

川崎駅まで行くと、タクシーの順番待ちの長蛇の列。 みんな道路が渋滞していることを知らないのだろうか・・・ 道路の車は動かない・・・ 車も回って来なけりゃ、乗れたにしてもメーターが上がりっぱなしで到着の見込みはないだろう・・・ 友達でもいれば教えてあげられる情報だが、ここでそんなことを言ったらパニックになりそうだ。

商店はすでにほとんどが早仕舞だったが、駅からすぐのパチンコ屋などは普通にやっており、関係ない者は関係ないんだな~と思いながら、中でトイレを借りた後、入口にある大きなTVモニターを見ている人混みの中に私も混じって映像を見た。

それは、仙台や気仙沼の津波の様子だった。 あの様子では、釜石も相当ひどい状況のハズだが、きっと両親はいつものようにサイレンが鳴れば避難しているだろう。 それは何となく確信していたのだが、オヤジは気持ちが揺れ動いているようで、私がそう言っても確信はできないようだった。

釜石の情報は、その後数日間入らず、被害のひどいところほど遅くなるものだが、まったく釜石を取り上げないテレ朝やTBSにイライラしながら、地図上には記して時々断片的情報をくれるNHKと日テレを行き来していた。


画像



釜石の映像がTVに流れ出したのは、14日になってからだったように記憶しているが、津波は狭い湾に入って濁流と化し、家も車も流され・・・ 恐ろしい光景が何度も何度もTVで流され、画像から推察するに、オヤジの実家もすでに流されているに違いないと思った。

せめて、人間だけでも無事でいてくれればよいが、その情報が入ったのは15日午後、ようやく両親ともに避難所に無事でいることが確認された。

叔父夫婦は、車で買い物に出た帰りに津波にのみ込まれた模様で、遺体で確認された。 家は海から離れたところにあるので、家にいたら無事だったはずなのに、住む家を失くした者と住む者を失くした家と・・・


画像



両親は、18日に避難所を出て85歳の姉のところへ移った。 20日には、佐川急便が営業所止めで宅配を預かるというので、コマゴマした日用品とパジャマを送った。 1週間はかかるかもしれないと言われていたが、24時間後には荷物到着の連絡を受けていたようだ。

車も流されてしまったので、タクシーで営業所まで荷物を取りに行ったり、浸水した家を見に行ったりしている様子。銀行でお金を下ろすこともままならないようなので、郵便(現金書留)で送れるものなのか(=受け付けている地域なのか)確認してみよう。

(画像は、2月末~旭日山動物園に行った時のもの)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック